▼3mmタルト生地の魅力

タルト…それは、永遠のテーマなのかもしれない。
サクサクしていて、甘すぎない。
アパレイユ(中に流すもの)次第では、変幻自在に姿を変え
フルーツを乗せれば 華やかなよそ行きワンピースを纏ったように。

f0360238_22412845.jpg
パートシュクレを3mmの厚みにのしてから、素早くタルトリングに敷き込み冷蔵庫で休ませる。

ピケしてからタルトストーン(重石)を入れて 180度で焼く。

これが、簡単そうでなかなか難しい。
作業場のエアコンは18度設定にして、室温は20度。
一個を型に敷くスピードはだいたい15~20秒くらい。
遅いと生地がだれてしまい失敗する。

タルトリングは底が無いので火の通りが抜群に良い。
しかも、コッタさんで特注してもらった2枚の天板が家に来てから
タルトの腕が上がった🎵

なぜ、生地の厚みを3mmにこだわるかと言えば
5mmまで行くと、火の通りが悪くなり中央部が生焼けで固い。
だから、これは、徹底したい。

★★★★★★★★★★★★

ご注文の品、レアチーズタルト 5号
モコ猫粉糖振り器を使いました(о´∀`о)

f0360238_22531499.jpg
ようやく、道具を使いこなせます。
クッキー型を作ってくださった職人さんが、
粉糖振り器も作ってくださいました。
凄く気に入っています🎵

今日の反省点を今日中に直して次に進む。
また、明日…となると、忘れてしまい同じ失敗を繰り返す。
1mmでもいいから、毎日、伸びますように!

モコ



[PR]
by cafe-moco-cafe | 2017-05-19 23:00 | モコお菓子研究所 | Comments(0)


ついにお菓子屋を開く直前のモコの日記です


by モコ

プロフィールを見る
画像一覧

旅するmocoカフェに関する情報

旅するmocoカフェへの営業日・その他はこちらから ➡

地図・写真解説つき道順・最寄有料駐車場🅿のご案内はこちらから ➡

旅するmocoカフェネットショップ・焼き菓子と一部冷凍可能生菓子の配送をしています。今の季節、どんな生菓子がショーケースに並んでいるかをアップしています ➡

カテゴリ

全体
日々のささやかな事
フランス語
モコお菓子研究所
お菓子と人生の失敗
新商品
好きな本
好きな映画

お気に入りブログ

検索

ブログパーツ

画像一覧