<   2016年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

▼焼き菓子の習作①

昨年の暮れから ずっとしたかったこと。
それはですね。。。
f0360238_11563937.jpg
誰もが好きな 焼き菓子!
型を準備しながら 楽しくってー♪
焼きっぱなしで 仕上げがないからあっという間。

まだ、習作段階なので 変わっていきますが

①マドレーヌ(きび砂糖・レモンの皮)

②フィナンシェ風ミニパウンド(ブラウンシュガー・ヘーゼルナッツパウダー・焦がしバター)


一個ずつ離れたマドレーヌ型は
オーブンの中でバランスを崩すことがあります。
f0360238_12095964.jpg
タルトリングに支えてもらうことを思い付きました。
なんでも一人でやろうとすると
失敗するから、ね。
シリコン製やアルミ製の一枚板の方が
楽だとは思いますが、私は、この型が好き。

試食。
うーん、マドレーヌはレモンの皮を増やそう。
ミニパウンドは実は、フィナンシェのレシピ。
重たい金の延べ棒をイメージしていたのですが
膨らんでしまいました…。焼きも甘い!

ニャニャ。
一個ずつバラで販売したいんです。
好きなものを一個だけでも購入していただけて、
好きなものを10個のアソートメントもOK.
5~8種類の中からご予算に合わせてチョイスもOK.

こんなお菓子屋さん、こんなお教室が
あったらいいなー、を形にできたら理想的。

シンプルで 飽きないお菓子屋さん。
お教室は煩わしい入会金やらコースやらは無し。
一年に一回くらいふらっと行ける
そんな場所があったら
気楽に続けられそうだから。


035.gif035.gif035.gif035.gif035.gif035.gif035.gif035.gif035.gif035.gif035.gif035.gif


ここまで書いたら お客様が!
髪染めてるのに( ̄▽ ̄;)金髪じゃないですよ。
ダークブラウンです。
御近所さんだったから、そのままでちゃったw
テヘペロ

モコ

[PR]
by cafe-moco-cafe | 2016-05-31 12:53 | 新商品 | Comments(0)

▼あー♪一眠りしたいその時に…

仕事から戻ると 空腹がピークの14時。
ご飯を温め 納豆と冷奴 と 洗っただけのラディッシュ。
f0360238_16064299.jpg
生き返る~。

国産大粒大豆の納豆に 小口ネギをたっぷり乗せて
ご飯と食べるのが 幸せ。

そして、二番生地クッキーを食べる。
f0360238_14371488.jpg
眠くなる…けど、
あー♪一眠りしたいその時に
頑張れるかが きっと人生の分かれ目。

やりたいこと いっぱい。
焼き菓子の試作やアップルパイの撮影
明日の【モコお菓子研究所】の準備も。

高価な材料を使わずに 技で魅せるお菓子を
私のお菓子にしたい。
道具も型もあるものを工夫して
計画性と集中力で生まれる 独創的なお菓子を

ふっと 机の上の 地球の歩き方『フィンランド』を
手にとって パラパラと眺める。
言論の自由がかなり確保され 自然の一部として生きることに
疑問を持たずに 生きる人の割合が高い
いつかまた、必ず訪れたい。

それまでは、日本で、横浜で、フィンランド人のマインドで
生きていこう。大事なことは
飛行機で国境を越えることじゃなくて
心に国境を作らないこと。

もうすぐ15時。
あの人、どうしているかな…とか色々考えながら
自分のすべき役割を果たそうっと。

モコ

[PR]
by cafe-moco-cafe | 2016-05-29 14:54 | 日々のささやかな事 | Comments(8)

▼習慣を思い切って捨てる

昨日、ジェロームとのフランス語レッスンでした。
私は、先日行った【ルイヴィトン展】での体験を話し
先生は、観た映画の話と…【赤ちゃん本舗】で
赤ちゃんに関する本を探したことを話してくれました。

(ジェローム、パパになるみたいで、ニコニコしてたw
あまり、自分の事を語らない男性が、たまに話してくれるとなんだか、嬉しいな🎵)

f0360238_14125743.jpg
『1835年に、創業者ルイ・ヴィトンは14歳、東フランスの故郷の村を離れました。長い道程を旅し続け、2年後にようやくパリに辿り着いた末、【荷造り用木箱製造兼荷造り職人】の見習いとして雇われます。そして19年後、1854年に自らの店をパリに創業し、著名人から高い評価を得るようになりました。34歳の時の事です。

長旅に適した、頑丈でありながら軽く、機能的なトランク。模造を防ぐ為に、彼はファブリックや模様を使用しました。

画家にはキャンバスを、女性には鏡台一式を、男性にはスーツと帽子を収納する空間をトランクの中に作りました。

当時の旅の主流は、長く家を離れ、船や列車での大がかりな移動するというスタイルでした。スマホも座席裏の映画スクリーンも無い時間をいかに楽しむか。


ヴィトンは持っていませんが、堂々とした元来の模様の直方体トランクは美しいと感じます。どんな有名ブランドも、最初は創業者の熱意がゆっくりと形になるのです。その職人の生きざまに感動を覚えたのです。』

…てな事を、なんとかフランス語で話しました( ̄▽ ̄;)

f0360238_14045609.jpg
その後、いつも通り新聞記事を音読して英訳。
発音の矯正をしてもらいます。

最近、綺麗にノートを取る習慣を捨てました。予習もスピードを上げて紙に書き込み。いつでも、どこでも勉強できるように、自分にルールを課すのはやめたんです。

浴びるように、フランス語に触れる。
ただ、それだけ。
話せる自分を信じて どんどん話す。
2025年のパリに向けて 止まらずに。

モコ






[PR]
by cafe-moco-cafe | 2016-05-28 14:52 | フランス語 | Comments(0)

▼柴田農園さんの新物ブルーベリー

生後3ヶ月の番頭さんでも
安心して口に入れられるブルーベリーです。
今朝、摘んだばかりのベリーを
じっと眺める番頭さん。
f0360238_21330654.jpg
『大粒なのに、皮が柔らかいよ!酸っぱいんじゃないよ。
甘さがあるんだよ!』

f0360238_21423510.jpg
何千種類もある品種の中から
お菓子向きの品種を いくつか植えています。
これから更に 取捨選択していくそうです。

私は、このブルーベリーに自分の夢を乗せて
勝手に妄想を膨らませています。
だって、ブルーベリーは目に良いから
職人をおばあちゃんになるまで続けられるし、
健康だって維持できる。
新鮮なベリーには 酵素がいっぱい。

命あるものは
その命(鮮度)が死んでしまったら
人間が取り入れても ほぼ効果はないそうです。
果物も、野菜も、魚も、肉も、
その命を犠牲にして 私達は生きているなら
可能な限り 生かす責任がある
そう思います。

楽しみな初夏が続きます。
販売サイトは → https://tripmococafe.buyshop.jp/

モコ

[PR]
by cafe-moco-cafe | 2016-05-27 22:07 | モコお菓子研究所 | Comments(2)

▼曇りで良かったある日のこと

東京の某オフィスまで ケーキを運ぶ日。
太陽は出ていない。少し風が強い。
いつもは品川駅でお渡しだが、
諸事情により 今回はお仕事場まで伺う事に。
f0360238_07310977.jpg
壊れないように 6箱に分けて詰める。
葡萄がコロコロと 転がらないように
クリームの表面に そっと押し込む。
f0360238_07314629.jpg
友人から頂いたありがたい保冷剤を挟んで
断熱シートで包む。
冷気が逃げないように 三重に。

毎月頂くご注文に対して 期待を裏切らない
できれば 期待以上の味を産み出したいと思う。
5号を8カットすると 小さな1ピースになるけれど
一口で 疲れがふっと軽くなるような味に。

一瞬の勘違いでも 仕事を忘れて
旅先にいるような 非日常を感じていただけたら
それが 私の目指したいところ。
さぁ、電車が来た。

モコ


[PR]
by cafe-moco-cafe | 2016-05-25 08:14 | 日々のささやかな事 | Comments(0)

▼ゆで卵からデニッシュまで

f0360238_19512733.jpg
にこりさんから教わった裏技で つるっと綺麗に剥けた!
今までの皮が剥けない 苦しみから解放されたam6:30(^ω^)

今日はモコお菓子研究所。
このゆで卵でランチのsandwichを作りました。
中級~上級者の生徒さんは一日二種。
ランチを挟んでハードなメニュー。

f0360238_19473255.jpg
折りパイでデニッシュ。
捻りを効かせて。
f0360238_19482877.jpg
卵液は注意深く塗ってくださいね。
接着させたい、でも、焦がしたくはないから~💦
f0360238_19492270.jpg
パリブレスト。
パリ→ブレストを結ぶ自転車競技を祝ったお菓子。
シュー生地の火入れは 身体で覚えましょう!

手前はカスタードを焼いたデニッシュ。
奥は焼いたパイ生地にカスタードを後乗せ。
アメリカンチェリーシロップ煮はマラスキーノで香り付け。
f0360238_19500958.jpg
パリブレストはミニシューをリングでサンド。
プラリネペーストとカスタードとバターを
分離させずに合わせるコツを掴みましたね。

あっという間の6時間。
タフな方でないと立ち作業は大変です💦
気力と体力がある方は一日二種類どうぞ!

モコ猫は今日は早めに寝ます💤

モコ


[PR]
by cafe-moco-cafe | 2016-05-24 20:12 | モコお菓子研究所 | Comments(2)

▼アップルパイと家事いろいろ

今日の私の午前中=マティネ(matinée)は忙しかった。
起床してすぐにパイ生地=パート・フイユテの
一回目の四つ折り。
f0360238_11564795.jpg
一時間休ませて 三つ折りこれを3回繰り返す。
30分の寝かしでは、生地の伸びが悪い。
だから、じっくり寝かせる。

その間、家中の埃を取り、窓を全開にして風を入れる。
風の歌を聴く。

2回目の四つ折り・三つ折りをしてから
庭に出て、室外機の苔を落とす。
壁にもチラホラ見られる緑苔を
道具を駆使して落とす。

『南仏風のバックパッカー宿やりたいな~❤』
なんて、想像しながら掃除をする。
朝食とおやつだけ付く宿。
食事は自由にふらっとしてきてもらって。
モコの和食はお代を頂けるようなレベルでないし…。

いつか、私は南仏で暮らしたい。
そこでお菓子屋さんを開くんだ。
たどたどしいフランス語で、『おいくつですか?』
って聞いて 箱に詰める。
『よい旅を!=Bon voyage!』
何故か旅人でもないお客様に 声をかける…。

3回目の四つ折りをしてから
焼き鮭を食べる。
一本1080円のドイツワインを空けて一杯飲む。
二番生地で焼いたクッキー1枚。

f0360238_11575339.jpg
アップルパイを考案してる。
中までしっかり火が通った 細かな網目模様のパイ。
リンゴはカソナードとバター風味が効いて
家庭風なんだけど 技が光るアップルパイ。

フィナンシェ=金の延べ棒 も
タッコワーズも ね。
焼き菓子アソートメントを作りたい。
北海道から沖縄まで、フランスや北欧旅行のおやつに✈

つぎは、3回目の三つ折り。
この生地はデニッシュになる。
捻りの効いた カスター入りのチェリーデニッシュ。

眠くなってきたから
運動してこよう。
お菓子作りには 機敏な動きが欠かせないから
身体作りも仕事のうち。

モコ

[PR]
by cafe-moco-cafe | 2016-05-23 12:32 | 新商品 | Comments(2)

▼庭師さん と 唐辛子に怯えるモコ猫

丸く刈り込むプロの腕を 側でじっと眺めていました。
f0360238_15140252.jpg
モコの庭、なんて言っていいかわからないけど
縁あってここで生きることになったからには
庭を綺麗に保つのは 私の役目なのです。
草をむしり 水をやり 高い木の剪定は
一年に一回 植木屋さんに頼みます。

三人の庭師さんは あうんの呼吸で
ほとんど互いに会話せずに 無駄のない動きで
庭を生まれ変わらせた。

帰り際に、庭師の大将が、

『猫の糞に悩まされてるなら、唐辛子を撒けばいい。』

ふいに教えてくれました。どうやら前のお宅の奥さまが
悩んでいらっしゃった様です。

モコ猫が私をじっと見て 無言のメッセージ。

『唐辛子はキッチンにあれば それでよし。』
f0360238_15144648.jpg
大丈夫、まかないよ。
猫だって 可愛がられるだけじゃない
嫌われたり 脅かされたり 世の中世知辛いものよね。


モコお菓子研究所も少しずつですが
生徒さんが増えてきました。
一対一を基本として 週に一回ほど。

お部屋を掃除してから 風を入れて
計量をしてお迎えするには
このくらいのペースが私には合ってます。
f0360238_15290990.jpg
ショップも見るだけで構いませんので
お時間がありましたら、ご覧くださいね☆
屋号とURLが変わりました。


これから、運動してこよう。


モコ

[PR]
by cafe-moco-cafe | 2016-05-22 15:36 | 日々のささやかな事 | Comments(6)

▼Bonjour ça va?

こんにちは、お元気ですか?

今日は 生まれて3ヶ月ほどになる 赤ちゃんに会いました。
スヤスヤとお母さんの胸の前で眠っていました。
温かくて 頭を撫でると ふわぁ~っと体温が手に伝わってきて
この世に 平和しか存在しないような気さえ するのです。

今日は、赤ちゃんのお姉ちゃんの二歳のお誕生日。
【ぐりとぐらの苺のケーキ】をお渡しして参りました。

Joyeux anniversaire! お誕生日おめでとう!

一度お姉ちゃんに偶然お会いしたことがありますが
元気いっぱいの声が 印象深くて 笑顔がお母さんそっくりでした。

子供の成長が あっという間に感じるのは
きっと ゆっくり ゆっくり過ごしていたい気持ちが強いから
早く過ぎて欲しい時は 亀の様に
時が止まって欲しいほど 幸せな時は ウサギの様に
進んでいくのです

『人生は長いのだから ゆっくり行こうよ』

そう、気遣って声を掛けてくれる知人に感謝しながら
そうね、長いかもしれないし 短いかもしれない
終わってみなければ 誰にもわからない
だから、駆け抜けたい時は 颯爽と
昼寝したい時は 陽だまりで
猫のように
f0360238_11591919.png
モコ



[PR]
by cafe-moco-cafe | 2016-05-21 12:02 | 日々のささやかな事 | Comments(4)


お菓子屋【旅するmocoカフェ】を通じて何かを極めたい人に出逢いたいです。


by モコ

プロフィールを見る
画像一覧

旅するmocoカフェに関する情報

旅するmocoカフェへの営業日・その他はこちらから ➡

地図・写真解説つき道順・最寄有料駐車場🅿のご案内はこちらから ➡

旅するmocoカフェネットショップ・焼き菓子と一部冷凍可能生菓子の配送をしています。今の季節、どんな生菓子がショーケースに並んでいるかをアップしています ➡

最新のコメント

こんにちわ。 よく..
by marucox0326 at 15:40
けいこさん(*´∀`) ..
by cafe-moco-cafe at 17:35
偉い~~! でもあまり..
by love-t_k at 01:09
追記:10歳年下のダーリ..
by cafe-moco-cafe at 06:21
marucoxさん(о´..
by cafe-moco-cafe at 06:11
こんばんわ。 思い..
by marucox0326 at 20:48
にこりさん(о´∀`о)..
by cafe-moco-cafe at 17:03
カヌレ、そのIMBが作っ..
by hagukitchen at 15:24
ChezCieloさん(..
by cafe-moco-cafe at 23:19
残念ながらミシュラン調査..
by ChezCielo at 09:25

お気に入りブログ

検索

ブログパーツ

画像一覧